News Release

「Christmas+Art」若手アーティスト支援活動の報告

新興商事では「人を創る」という企業哲学に基づき、人・文化・社会の発展と貢献につながる有意義な「創る」運動に対し、積極的に支援する活動に取り組んでいます。
そして今回、若手アーティストの創造の場として、弊社8階オフィス大会議室の壁一面に広がるホワイトボードを提供しました。 対象物を一筆書きで仕上げる”One stroke”という技法で注目されている大森慶宣氏とコラボレーションし、「クリスマス」をテーマにホワイトボードをキャンバスとして仕上げた作品は、12月25日(月)まで期間限定で公開しています。



今回の企画はアーティストと社員やお客さまとをつなげ、共同で制作する参加型アートです。 欲しいものや願いを書いた付箋を作中のサンタクロースが抱える袋に添付することで、袋の中がプレゼントで埋めつくされ、作品が完成します。
アーティストを知ること、芸術をより身近で楽しめることのできる機会となりますので、弊社へお越しの際は、是非皆さんも作品づくりにご参加ください。

新興商事では、今後も創造活動の発信を推進し、芸術文化の魅力を向上させるために、必要なサポートを提案していきます。




企画   クリスマスでアートを楽しもう
場所   弊社8階オフィス
展示期間 12月25日(月)まで
壁面素材 ホワイトボード
サイズ  W 約4000×H 約2700


■アーティスト
大森慶宣(Yoshinobu Omori)
石川県生まれ。金沢大学に入学し、英語教育を専攻。
在学中にアメリカに留学をして美術を学ぶ。
帰国し、卒業後に本格的に美術活動を開始。
今最も注目浴びているのは、彼が得意とする、
見た人やものの形を一瞬で捉え、一筆で一気に描き上げる技法”One stroke”。
制作の傍ら、海外を含め様々な場所で出会った人々の似顔絵を即興で描き、笑顔を届けてきた。
現在は一筆描きから派生した、針金を用いた作品の制作にも精力的に取り組んでいる。